« 【復刻版】日本人の都合の良いとこ取り | トップページ | 【復刻版】今日本人に求められる意識改革(原文のまま) »

2016年8月14日 (日)

【復刻版】そして悲劇は起こった

平成2342

日本は観念的に或いは理念的に破綻しているのではないのか、(原文のまま)

今まで毎日のように日本の特異体質について考え、如何にしたらそれをあまねく人に伝えられるかなんて手をこまねいていて、半ば諦め状態でもう笑って誤魔化すっきゃないって「笑いが地球を救う」なんて標語を作っていた矢先に今回の東日本大地震が起きてしまった。

聞くところに拠れば想定外だったと言うのは嘘で明治にもっと大きな津波の被害を受けていたらしい。

日本は既に観念的に行き詰っているのだと思う、つまり和魂洋才の弊害、いわゆるCPUとOSの相性が悪いので、近代文明への対応が今ひとつしっくり行かないのだ。

今回の津波で引き起こされた原発の事故は人災とも言える位に全ての点において対応の甘さが見える、これは基本的な姿勢に問題があるとしか言いようが無い。

特に放射能は目に見えない敵と表現されるように不可視のものであり、即物的な日本人が取り扱うのに無理があるのではないのか、ここに象徴されるのである。 これが池田元久経済産業副大臣の「神のみぞ知る」発言に繋がるのではないのか、聖俗未分離状態の日本の一か八か、all or noneの思考回路で原発を扱うのは危険すぎる程、原発は神の分野なのである。

原子力は人類の叡智であるかも知れないが、日本人の叡智で無い事だけは確かである。

あれだけ、広島に続く、長崎の原爆投下で、嫌と言うほど原子力の恐ろしさは知っている筈の日本人がどうしてここまで考えが甘いのかが理解出来ない。

各国から協力の申し出があってもむげに断ったり、IAEAが避難基準を下回ったと避難勧告を無視し、日本の基準値はもっと精巧だとか言い訳ばかりで逃げるばかり、国民軽視の政策がいまだに取られている。

大体IAEAの事務局長はエルバラダイ氏の後任は日本人の天野氏ではないか、同朋の勧告すら無視する傲慢さは一体どこから出てくるのか。

ひどいところでは、各国から原発対応のロボットの提供があったにもかかわらず、それを扱える人間すらいないと言う、つまりいわゆる原発奴隷を使い捨てした方が費用がかからないと言う、言わば第二次世界大戦における人間魚雷の発想なのである。

そんな事を考えている時に僕が日本の特異体質の追究を止めるきっかけになった、東大名誉教授の渡辺正雄先生の事を書いた、黄ばんだ朝日新聞のテーブルトークと言うコラムの切り抜きを、旧いシステムオーガナイザー(バインデックス)の中に発見した。 するとその中にこんなような記載があるではないか、

「日米開戦の1941年に東大工学部を繰り上げ卒業。海軍の技術科士官を経て、敗戦時には東大第二工学部で応用力学を教える助教授だった。が、47年、その職を辞し、科学史の研究を志す。『日本の科学のあり方への疑問が大きくなってきたんです。戦争に奉仕し、人命もろとも戦艦に体当たりす る特攻機を生み出すような、日本の科学とは何だったのか。明治以来、西洋からの科学の受容の仕方に問題があったのではないか、と』」

今回の他国がこぞって原発用ロボットを開発している時に、東電は非人道的な原発奴隷の使い捨てをやっていたのだ、日本にとってロボット産業はいわゆる精密機械の分野で生き残りを図る為の重要な産業だと言うにも拘わらずだ。

コラムは更に続き、最後には、

「それは、最近の茨城県東海村の臨界事故などにも通じるという。『総合的観点の欠如により、本来人間のための道具であり、人類共通の福利を増進させるはずの科学技術が、人間より優先される本末転倒が今も続いているんです』」と続いている。

« 【復刻版】日本人の都合の良いとこ取り | トップページ | 【復刻版】今日本人に求められる意識改革(原文のまま) »

日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1309252/66996363

この記事へのトラックバック一覧です: 【復刻版】そして悲劇は起こった:

« 【復刻版】日本人の都合の良いとこ取り | トップページ | 【復刻版】今日本人に求められる意識改革(原文のまま) »