« 国際個人学研究所再考  | トップページ | 輸入の学問、翻訳文化どっぷりの日本人  »

2013年6月11日 (火)

考えさせられる、、個と論が欠如する日本で、如何にして聖俗未分離から脱却するか、個論:::

【復刻】またまた振り出しに戻ってしまった、

日本は国家形成が早かった為にいわゆる統一規範としての宗教が必要なかった、、、とはさる宗教学者先生の言葉だったと思うが、だからと言って、聖俗未分離、ホーリズム状態のままで良いって訳でもないだろう、駒大の佐々木宏幹先生が、「トランス状態になる必要はないが、皆がシャーマンになる位じゃないければいけない」みたいな事をお書きになっているのを見つけた時、禿同だったのを思い出す、、

日本人は違いを論うのは得意であるが、共通点で括るって事がやけに苦手みたいである、
共通項で括るってのは因数分解の基本、科学の基本の要素還元主義であり、これが無いと拡散する一方で一向に収斂するという事が無い、まとまるものもまとまらないのである。

これは何故なのか、右脳と左脳が西洋人と違うなんて言った先生もいたが、右脳と左脳が分離していないコアラ状態なのか、
まぁ、日本人は神様と競争するとか、神様の寝室を覗くとかえぐさが無いから、もともと科学の発生する土壌はないのだが、それにしても僕が造語した近代文明学総論は落第であるな、、でも各論は得意だから、面白い、皆そろって日本にも科学はある、こぞってノーベル賞を受賞してるだろうっておっしゃる、でも皆各論でしょ、それに大部分アメリカシチズンじゃないですか?

重要なのは総論であり、科学こそ専門馬鹿を作り出す元凶でもあるのだ、、

だからかのウォルフレンに日本人は論理と理論の違いすら判っていないと言われてしまう、これも翻訳文化の弊害だ、、

平成八年に年頭に当たって、これからは一切女々しい男とは付き合わないと宣言して久しいが、日本人の男性には内弁慶、言い訳ばっか言ってる人間が多い、、実に情緒的なのである、、
ちょっと意見が合わなかったりすると、「君には失望した」とか言い出す、
ハワイに居た時、"I dont like mr,kyoshiro but what hes saying is right"といった坊やがいたけど、日本人だったらちょっと意見が合わないだけでさしずめ、坊主憎けりゃ袈裟まで憎い状態になるだろう。

「人生なんかこんなもんだよ」とか「社会なんてこんなもんだよ」とかすぐ無常論を唱える、社会は変えられるものだという意識が希薄だ、嫌だったら変えれば良い、僕は柳田國男が同じような事を書いていたのを見て嬉しかった記憶がある。

つまり日本人には個と論の概念が欠如しているのである、始めに言葉ありきじゃないのである、個も無ければ論もない、この状態でどうして個の確立が図れるのか、

個と論こそ、このホーリズム状態から脱却する鍵であると信じてやまない狂四郎である、、僕が言うところの個論:である。(これは2010年11月30日の日記を復刻したものである。)

« 国際個人学研究所再考  | トップページ | 輸入の学問、翻訳文化どっぷりの日本人  »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1309252/52001368

この記事へのトラックバック一覧です: 考えさせられる、、個と論が欠如する日本で、如何にして聖俗未分離から脱却するか、個論::::

« 国際個人学研究所再考  | トップページ | 輸入の学問、翻訳文化どっぷりの日本人  »